「ほっ」と。キャンペーン

第115話・救援

第1回チキチキ覆面タッグ正体暴きコンテスト!!!ひっそりと開催中……

「入江君、上清水賞も予想外に盛り上がっていて嬉しいね」
「ありがたいことです」
「しかも、レベルが高く、そのまま出版できそうな作品ばかりじゃないか」
「みなさん、ここまで本気で来てくださるとは」
「そこで、妙案を思いついたのだが」
「一応、聞いておきましょう」
「これらをまとめた短編集を出版するのはどうかね?」
「おお、いいアイデアかもしれませんよ、それは」
「デジタルミステリィアンソロジーと銘打ってな」
「ふむふむ」
「アンソロジーは、表向き編者の名前が前面に出るだろう?」
「普通、そうですね。島田荘司・編とか」
「そうそう。で、これは上清水一三六・編となるわけだ」
「まあ、そうです」
「私の著作が1冊増えたようなものじゃないか」
「そういう考え方も出来なくはないです」
「しめしめ」
「しめしめ、って、何かメリットでもあるんですか?」
「もちろんだよ。私の著作なんだから印税は私が独り占め」
「それはないでしょ、それは」
「じゃあ、どうだ?全作品の最後にそれぞれ私のコメントをつける」
「すると?」
「私も各作品の共作者ということで、印税はいただけるはずだ」
「いただけねえよっ!」

入江のアックスボンバーが、上清水の喉元をとらえようとした……その時。

突然、ドアが開いて、大きな影が疾風のように飛び込んできた。

「危ないっス、あにき!」

影は、入江にタックルをかまして床に吹っ飛ばすと、
すかさず引っ張り起こして、伝家の宝刀・STOを放った。
入江は完全に意識を失っている。

「あにき、遅くなってゴメンっス!一休寺に寄っていて、ついつい
長いしてしまったッス!オレが来たからには、もうあにきには、
指一本触れさせないっス!!」

「Naoya.!助けに来てくれたのか!」
「当然っス!」
「やはりお前は私が見込んだ通りの男だったな」
「うれしいっス!うれしいっス!あにき!」

Naoya.は、その太い腕を上清水の背中に回し、
力いっぱい抱きしめた。
ボキッ。

……。
……。えー……ハッスル、ハッスル…。
[PR]
by osarudon1 | 2004-10-02 12:56