第135話・僕の大好きなアガサ・クリスティ

好きなミステリィ作家はたくさんいますが、
海外の作家で一番好きなのは、やっぱりクリスティ。

クリスティ作品はたぶん80冊以上読んだと思います。

で、中でも特にお気に入りなのが、

『WHY DIDN'T THEY ASK EVANS?』

邦題は、創元推理文庫では『謎のエヴァンス』、
早川では『なぜエヴァンスに頼まなかったのか?』というものでした。

タイトルからして、興味を引き付けられます。

「なぜエヴァンスに頼まなかったのか?」というのは被害者の
ダイイングメッセージ。
エヴァンスとは一体、何者なのか?
何を頼まなかったことがいけないのか?

ラストには、意外な真相が明らかにされます。

『アクロイド』『そして誰もいなくなった』『オリエント急行』『ABC』などの、
歴史的傑作群と比べたらマイナーですが、
クリスティの底力を存分に堪能できる作品だと思います。

未読の方にいぢわるをするために、
ここでネタばらしをしちゃいましょう。

エヴァンスの正体は文豪
何を頼めばよかったのかって?
それはもちろん、


















プチ整形ですよ。
[PR]
by osarudon1 | 2004-11-17 14:07