第154話・上清水一三六最後の挨拶

silent_sea氏の、「超時間限定覆面正体明かし」にインスパイアされて、この作品を執筆いたしました。特定の時間内に記事にアクセスできた人以外は、全くすっきりさせてもらえないという卓越した手法、私も使わせていただきます。このストーリーは、極めて短い時間しか公開いたしませんのでご了承ください。

「上清水先生?……どうしました?……先生、先生!大丈夫ですか?!……ああ、呼吸をしていない!誰か!先生が大変だ!誰かーっ!!」

入江くんの目の前で突然倒れた、ミステリィ界の巨人・上清水一三六。その顔面は蒼白で、


以下、既に公開終了。
[PR]
by osarudon1 | 2005-08-25 16:53