第163話・『勝者は、ただ1人。』(再録シリーズ・4)



その福袋は限定1個限り。
ここに並んでいる行列の中の、たった1人だけが手にすることができる。

1個だけなら、先頭に並ばなければ意味はないのかというと、
そういうわけではない。
普通なら抽選なのだろうが、この福袋に関しては、
独自の争奪ルールが設けられていた。

それは、トーナメント戦。
初日、2日目と予選を勝ち抜いて、3日目の決勝で頂点に立った者が、
その福袋を貰えるというものだ。

トーナメント戦の内容は、いたってシンプル。殺し合いである。

勝ち抜く自信はあった。
俺はプロの殺し屋。実績ではデューク東郷と肩を並べるほどだ。


1回戦の相手は、迷彩服に身を包んだ傭兵風の男。
幾多の戦場をくぐり抜けてきたであろうことは、
その隙の無い身のこなしからわかる。
だが、こいつとて俺の敵ではない。
戦争というものは、相手を殺すことが第一目的ではないのだ。
1対1、サシで向き合った場合には、俺の方が確実に上だ。

俺は一瞬で奴の背後に回り、目にも止まらぬスピードで、
その喉笛を掻き切った。
まず、1勝。

2回戦で俺と殺しあう運命になったのは、見るからに
鉄砲玉といった風情のちんぴらヤクザ。
こいつが、実に弱い。
どうして1回戦を突破できたのが不思議だったが、
どうやらいきなり相手の顔面に頭突きを食らわせたらしい。
相手は俺もよく知っている凄腕の同業者だったが、
そいつの専門は毒殺。
・・・・・・それではちんぴら相手でも勝てんわな。

とはいえ、ヤクザの戦法など、俺には通用しない。
ゴングが鳴った1秒後には、ちんぴらの死体が、
俺の目の前に転がった。

これで2日間が終了。
いよいよ3日目は決勝戦だ。


決勝の相手は、今大会の優勝候補筆頭。
この業界じゃ、知らぬ者はいない凄腕の殺し屋、キラー綺羅星だ。
あらゆる武器を使いこなし、格闘術もK-1チャンプ級。
瞬時の判断力も抜群で、超高性能暗殺機械と異名を取る男。
さすがの俺も、100%勝てるという保証はなかった。

ゴングが鳴った。

お互い、じっとにらみ合い、微動だにしない。
こういうときは先に動いた方が負けると相場が決まっている。

忍耐勝負だ。

時間だけが刻々と過ぎていく。

・・・・・・打開策が浮かばない。
どう仕掛けても、カウンターでやられてしまいそうな気がする。

しかたがない。切り札を出すときが来たようだ。
危険を承知で、こちらから仕掛けていこう。

俺は、キラー綺羅星の背後を指さして叫んだ。
「あっ、チェ・ジウ!」

・・・・・・。
・・・・・・。
失敗した。

俺が叫んだ瞬間、奴の体がハヤブサのように動いた。
鋭いキックが、俺の股間めがけて襲い掛かった。

ぐえっ。

俺の急所を、声も出せないほどの衝撃が貫いた。

その時だった。

「ピッ、ピィーッ!」

審判のホイッスルだ。

「今の、金的入りました。キラー綺羅星選手、反則負け!」

なんだ、そのルールは?
なんでもありの殺し合いとはいえ、やはり急所攻撃は反則だったとは!

ともあれ、俺は情けない勝ち方ながら優勝した。

股間の激痛をこらえながら、優勝賞品の福袋を受け取る。

このために、3日間のバトルを戦い抜いてきたのだ。
俺は、痛みの辛さと感無量の想いが混ざった涙を流した。

そして、福袋を開ける。

中に入っていた紙には、こう書かれていた。

『ターゲット:B国大統領 成功報酬:1億ドル』

・・・久々の大きな仕事だ。

最近は殺し屋業界も不況のあおりを受け、ロクに仕事が回ってこない。
こんないいギャラの殺しなんて、福袋をゲットしなきゃ無理なのだ。

今より一層、腕を磨いて、また来年も3日間並ぶぜ!
[PR]
by osarudon1 | 2005-09-09 17:27