「ほっ」と。キャンペーン

第164話・回想する上清水一三六(再録シリーズ・5)




あれは、5年ほど前でしたか。
私、子供向けの絵本を出版したことがあるんですよ。
あまり売れなかったこともあって、今では絶版ですが。
タイトルですか? 『12匹のおさるどん』です。
動物園にいる12匹の猿が主人公の物語でしてね。
まあ、子供向けなのでミステリィ色は薄いんですが、
私なりの仕掛けは考えましたよ。

最初は飛び出す絵本、というアイデアでした。
でも、それじゃあ普通すぎて私らしさがない。
それで、絵が飛び出す代わりに、12体の猿の
フィギュアを付録につけたんです。
子供たちには、読むときに自分でそのフィギュアを
ページ上に配置して、人形ごっこをするような
感覚で物語を楽しんでもらおうと思いましてね。

猿のフィギュアも海洋堂に製作依頼して、かなり
いいものが出来たと思いますよ。

でも、一つだけ予想できなかったことがありましたねぇ。

幼稚園児ぐらいのお子さんって、作者の意図通りに
遊んでくれないんですよ。
なまじフィギュアが出来が良かったものだから、
絵本など読まずに、そのフィギュアだけで遊んでしまうんです。

だから、この本は古書店などで見かけると、
全部フィギュア無しの不完全本ですよ。
小さな子供は人形なんて、すぐに無くしてしまったり、
壊してしまったりするものですからね。

そんなわけで、古書店にある『12匹のおさるどん』は、
ページを開いても猿がいない空のオリの絵ばかりなんです。

猿たちはどこへ行ってしまったんでしょうねぇ?
本は処分しても、フィギュアだけは大事にとっておいて
くれたりすると、嬉しいんですけどね。
[PR]
by osarudon1 | 2005-09-09 17:33