第169話・僕の努力(再録シリーズ・10)

アレな散文コンテスト 一休杯開催!

今日、僕の家に「せんせい」と呼ばれる人が来た。
その人は僕よりもどう見ても若い女の人だったが、
みんなが「せんせい」と呼ぶから偉いのだろう。

せんせいは、僕に向かって優しくこう言った。

「大変だと思うけど、頑張ろうね。あせらずに、
 少しずつ、ゆっくりとでいいから頑張ろうね」

僕は本当はどうでもよかったけど、
みんなが心配しないように、頑張るふりだけでもしようかな、と思った。
[PR]
by osarudon1 | 2005-09-09 20:02