第187話・リサイクル



約30人ほどの住民が全員『曽根』という姓の村で、
村長の曽根正宗が殺害されるという事件が発生。
被害者はいまわの際に、自らの血で床に犯人の名を残した。
ダイイングメッセージである。
その犯人の名は『曽根』。
とはいえ、容疑者は全員が曽根姓だけに、これだけで
犯人を絞り込むのは困難かと思われた。
しかし、閉塞した捜査状況を打開したのは、名探偵X。
なんと、どの『曽根』が犯人か、指摘してしまったのだ!

*********************
前・後編に分けて掲載される予定だった、
上清水一三六の新作『曽根殺人事件』。
前編掲載後、どのようなオチになるのか読者の
期待は高まっていたが、残念ながら作者・上清水が
こんなことになってしまったため、
『曽根殺人事件』は未完に終わったのだった。

終わり。
[PR]
by osarudon1 | 2005-11-08 18:39