「ほっ」と。キャンペーン

第80話・改訂新版



最初は小説雑誌に連載され、
連載終了後にハードカバーとして出版。
2年ほどするとノベルス化され、
さらに数年後に文庫化。

別に珍しくもない、ごくあたりまえといえそうな
小説出版パターンである。

作家の中には、版型が変わるたびに、内容を推敲し、
加筆・訂正を繰り返す人も多い。
推理小説の場合、トリックや犯人すらも変更してしまう
ツワモノすら存在する。

しかし、それも程度問題だ。
某ミステリィ作家、仮に名前を上清水一三六としておこう。
彼の場合は、一度とんでもないことがあった。

ハードカバーで出版された作品を文庫化する際に、
全面書き直し。
トリックも犯人も、物語の舞台も登場人物も、
そしてストーリーの流れも最初に出版されたものとは
全く違うものになってしまっていたのだ。

それはもはや、改訂版などと呼べる代物ではなかった。
この出来事は一部ミステリィマニアの間で評判になり、
絶版になったハードカバー版は、ヤフーオークションで
数万円の値もついたほどだった。

なぜ、上清水はそんなことをしたのか?
私は、本人から理由を聞いて愕然とした。

その理由とは?














「私は文庫書き下ろし企画をいただいて、新作を
 書いたつもりなんですが。前に出版した作品に
 つけた題名をすっかり失念していて、同じ題名を
 新作につけてしまったんですよ。わっはっは」
[PR]
by osarudon1 | 2004-08-06 19:07