「ほっ」と。キャンペーン

第89話・デジタル時代の新しい才能を求めて

デジタル時代に向けて③

またまた上清水一三六先生から電話がかかってきた。
「実は、ミステリィ文壇における、新たな才能の発掘を考えているのだが」
「どういうことでしょう?」
「やはり、ムーブメントというものは、一個人がいくら頑張っても、なかなか
 時代を動かすまでには至らないと思うのだ。小説のデジタル化に関して、
 私は第一人者であると自負しているが、この動きにはもっと多くの作家に
 参加してもらいたい」
「まあ、現状は先生の孤軍奮闘ですからね」
「デジタルというものを勘違いしている張退作などは、役に立たん。
 そこで、在野の才能を発掘して、ムーブメントを共に盛り上げていこう、
 そう考えているわけだよ」
「具体的には何をやるつもりですか?」
「うむ。上清水賞のようなものを設立して、作品を一般から募集すると
 いうのはどうだろう?」
「……まさか、トラックバック企画を自ら立ち上げようとしているんじゃあ……」
「そのつもりなのだが。駄目かね?」
「先生のブログ、来訪者が毎日一ケタですよ。上清水賞なんて始めても、
 トラックバック作品はほとんど集まらないと思いますがねぇ」
「ううむ、そうか。企画倒れに終わりそうだな」
「じゃあ、こうしたらどうでしょう? 先生のブログで1日の来訪者が30人を
 突破する日があったら、トラバ企画上清水賞を発動するというのは?」
「なるほど」
「まあ、無理だとは思いますけど。万が一、実施することになったら、
 私も運営を少しはお手伝いしましょうか」
「よろしく頼むよ」

待てど暮らせど、来訪者が30人を超える日は無かった。
というオチになるのか? それとも
意外や意外、第1回上清水賞開催。
というオチなのか?

この話の結末は、まだわからない。
[PR]
by osarudon1 | 2004-08-18 17:44